レオパが逃げたときに見つけた場所ベスト3

ケースの掃除をしている時や、ハンドリングしている時に、ふと目を離すとレオパがいなくなっている時があります。

ニヤリ

基本的には動きはスローなので、あまり見失うことはないのですが、時々2~3分目を離していると、見当たらずにすごく焦りますww

今回はレオパが脱走した際に、僕が結果的に見つけた場所ベスト3をあげていきたいと思います。

良い飼い主の皆さんにはこんなこと頻繁に起こらないとは思うのですが、もしもの時、今回の内容がお役に立つことを願っております( ノД`)

カーテンの裏

まずレオパは、結構高いところからも平気でジャンプして降りていきます。

僕も人間の腰くらいの高さのテーブルにレオパを置いて、ケースの掃除をしていたのですが、気がついたらいなくなっていて焦りました。

最初はまさか、この高さから降りはしないだろうと高を括っていたのですが、レオパの運動能力は僕が思っていたよりも高かったようです。

そして探すこと10数分、カーテンの後ろでヒョッコリ見つかりました。レオパは暗くて狭いところを好むので、陰になっている所に身を寄せたのだと思います。

レオパが脱走した時には、カーテンをめくって探してみると良いです。

冷蔵庫の下

こちらも結構見つかる可能性が高いです。僕の家の冷蔵庫はそんなに大きくなく、地面との間が狭いので、まさかレオパの入り込む隙間があるとは思いもよらず、最初はチェックしていませんでした。

最初にレオパを見失って、見つからなくてだんだん焦ってきて、まさかもうすでに部屋の外へ逃げてしまったのかも、と思ったのですが、念のために冷蔵庫の下を覗き込んでみたら普通に見つかりましたw

レオパの胴体はけっこう太く、狭い隙間には入りにくいイメージだったのですが、流石爬虫類といいますか、穴に潜り込むのはどうやら得意なようです。

僕のように自宅の冷蔵庫があまり大きくない時にも、念のため覗き込んでみることをおすすめいたします!

部屋の隅っこ(角)

お部屋の間取りにより、隅に配置されている家具は違うと思います。でも脱走したレオパは、お部屋の隅の家具や観葉植物の裏側に移動することが多いです。

僕の家ではソファ、ゴミ箱、立ち鏡、本棚等が配置されていますが、時間が経てば経つほど、なぜか部屋の隅の家具裏側にいることが多い気がします。

なので、しばらく経ってもレオパが見つからない時は、隅の物の裏側を探してみることをオススメします。

最後に

ペットが脱走して見つからない時って、焦りますよね。特にレオパは体があまり大きくないので、見つけづらいし、万が一探している間に踏んづけてしまったりでもしたら、もう目も当てられません(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

ただ大事なのは、まずは冷静になって、私たちが落ち着きを取り戻すことです。

まず最初に戸締りを確認し、空いているドアがあれば周辺を見て外に出ていないことを確認、施錠を行いましょう。

その後足の踏み場に注意しつつ、じっくりと部屋の中を探していきましょう。必ずどこかにいるはずです。

ここまでお伝えしておいてなんですが、今回の記事が日の目を見ないことを願っております(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする